着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 振袖と訪問着の違いはどんな点なのか

振袖と訪問着の違いはどんな点なのか

 最近では和服を着る機会は減り、中には成人式で着た以来、着ていないという方もいるでしょう。一口に着物と言っても振袖や訪問着、留袖など種類がありそれぞれに違いがあります。
 ふりそでは成人式で一度は着たことがある人も多いでしょう。長い袖の着物です。もともとは江戸時代中期に、役者やお小姓、富裕層のお嬢様などから広まりました。
 長い袖では当然ながら家事もできません。そこで家事などの必要がない娘の晴れ着となっていきました。今でも独身の女性だけが着ることが出来る着物として親しまれてます。


 対して訪問着は、袖の長さが短い着物を言います。
そして、年齢も問いませんし、未婚既婚の別も問いません。紋が付くと、かしこまりすぎてしまい、着る場所が限られてしまうので、格式高く着るのではなければ紋はなくてもかまいません。  華やかに装えるのが魅力です。結婚披露宴や同窓会、お見合い、お茶会などの会へ出席まで社交的にな場面にはぴったりの装いです。
 付け下げと見た目が良く似ていますが、訪問着の方が格が高くなります。生地を染める時点でその違いがあり、すべての柄が続くように作られています。
 上前から下前まで柄が続いていて、胸、袖の裁ち目の部分も柄がきれいにつながる様にできていて、オクミにも柄が入っています。
 若い方は、色、柄も華やかで、全体的に柄が入っている総絵羽模様に近い柄付けのものが似合います。
 年配の方は、柄があまり込み合わず、裾の方にすっきりした模様が入っているようなものや、色柄が落ち着いたものが似合うでしょう。


 振りそでは一般的には大人の未婚女性の第一礼装となります。
主に、20歳を祝う成人式や結婚式の披露宴でよく着用され、式典への出席、発表会などでも見かけることがあります。
 本来の振袖は若い女性の着物という意味合いであり、未婚・既婚の制約はないと言われていますが、近年では、女性の社会進出により、キャリアを持った20代後半から30代の若々しい未婚女性もたくさんおり、振袖を着ることはごく普通のこととなってきています。
 異性を「振る」、「振られる」といった言葉の語源には、袖を振ることで感情表現をしていたことと言われています。
 女性側から気持ちを伝えることがはしたないといった時代の由来が現在の言葉の語源になっています。
 どちらの着物も女性の美しさを引き立て、奥ゆかしさも表現できる素敵なファッションの一つです。日本人女性なら着こなせると素敵です。

次の記事へ

カテゴリー