着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 着物の着こなしに品格が表れる

着物の着こなしに品格が表れる

 今の日本で着物を優雅に着こなす淑女は、あまり見かけなくなってきました。日本独自の伝統的な民族衣装の一つですし、古くからの歴史がありますから、絶える事なく継承して行きたい伝統的な文化のひとつです。
 なるべく日常的に着こなせる品格を持った古き良き日本の女性の復活を願いたくもなります。洋服と違って体を締め付け、大股歩きで歩くと着崩れてしまいます。
 そんな縛りがある故に所作などに品が生まれ、大和撫子と呼ばれる奥ゆかしい日本人女性が出来上がって行ったのかも知れません。
 毎日の着付けが大変だと思われがちですが、実は覚えると以外にもさっさと自分で着こなす事が出来るそうです。
 着物に割烹着の古き良き日本のお母さん像を、もっとよみがえらせても素敵です。国民的アニメのお母さんの様な人がもっと増えても良い気もします。


 そもそも日本人であれば最初に着物を着る機会は、だいたい男女とも、七五三の時に初めて袖を通すでしょう。
 男の子などは、お宮参りの時に包まれた袈裟を仕立てて七五三の羽織にすると言われています。袴はそれに合わせてレンタルしても良いでしょう。
 子供さんの晴れ着姿も初々しくて素敵ですが、最近ではお母様も一緒に訪問着を召される方も増えているといいます。
 やっぱり日本での一番の礼服でもありますし、季節の草花などがあしらわれ、独特の淡い色の品格ある訪問着などは、セレモニーなどにはぴったりです。
 七五三だけでなく、入学入園、卒業式などにも是非袖を通すべきです。
卒業関係の行事に関しては、厳粛さが重んじられ、主役はあくまでお子さんにスポットが当てられますが、入園、入学などのハレの日に関しては、家族みんなで喜ぶ行事です。
 そんな日こそ訪問着でお祝いしてあげるのも素敵です。


 振袖や訪問着などは、母から子へ、子から孫へと受け継ぐ事の出来る品格ある代物です。きちんと管理さえしおければ、サイズ感も帯や組みひもで調節出来ますし、流行なども左程ありません。
 絞りや金箔のある反物などは、いつ来てもゴージャスです。訪問着や留袖は、品位あるきちんとした着こなしさえしておけば、日本人が一番美しい姿に映ります。
 振袖に関しては、成人式の20代前半で着る物ですから、ちょっと元気に袖を振る位に着こなしてみるのもおきゃんで可愛いかも知れません。
 袖の短い、人妻になってからの訪問着は、そこに品位や色香が感じられる様であれば、尚の事人妻らしくて素晴らしいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー