着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 訪問着に家紋は必要なのまた結婚前と後で違いはある

訪問着に家紋は必要なのまた結婚前と後で違いはある

 訪問着は大正時代の初期に現在の三越が命名し売り始めたものになりまして、他所のお宅にお邪魔する際に着れる格の有る着物と言う意味がございました。
正装の一つとなり販売された当初は、背中と両袖の3か所に家紋を入れるのが一般的でしたが、時代と共に薄れて行ってしまいまして今では家紋は入れられない場合が殆どになりました。
柄の特徴としましては「絵羽」と言われる模様付けがされている事になります。
現代の用途としましては親族以外の結婚式に出られる際や、茶会やパーティーと言った華やかな催し物に対応できます。
また既婚女性であっても未婚の女性であっても訪問着は着る事が出来ます。
しかし結婚後お嫁に行かれた方ですと家紋が変わってしまいますので、お作りになられるのであれば結婚前の方はやはり家紋は入れない方が良いのかもしれません。



 訪問着の事を知りたい方へお教えします

着物の中でも訪問着は準礼装です。
正式に他家に行くときや宴会や観劇の時、それから結婚式の披露宴等にも着る事が出来ます。
生地には、ちりめんや綸子等が使われているのが一般的です。
また、夏には絽等の生地が使われています。
訪問着を着る時は、下着を重ねて着るのではなく、重ね襟を付けます。
また、着物の柄は、季節を感じるものや、季節の花等を描いたものがあります。
総柄といわれる全部に柄があるもの、裾模様や胸、肩に柄が入ったもの等があります。
それから、振り返った時に右後ろの袖に模様が入ったものがあります。
袖の長さは、振袖よりも短く、身動きがとりやすいのが特徴です。
訪問着をもっと略式化したもので付け下げがあります。
また、紋を入れる事で色留袖として着用する事が出来ます。
それから既婚、未婚を問わず外出着として着用する事が出来ます。



 オーダーメイドで作られる訪問着

訪問着をオーダーメイドで手掛ける業者は、以前に比べて増加してきているのではないかと考えられています。
こうしたオーダーメイドでの作成に関しては、需要が多方面から寄せられるものとなってきており、高い頻度で独自の訪問用の和服が作られることに繋がっています。
多くの方面でこのオーダーメイドのものに対するニーズが集まる状況が、昨今は如実なものとして見受けられています。
そのため、新しい訪問着を必要とする人などからは、こうした形式での製造を要望されることが、比較的高い割合で確認されるものとなり始めているのではないでしょうか。
訪問着を注文と同時に作り出す取り組みは、今後も多くの着物メーカーなどによって展開されるのではないかと予測されているため、これまで以上にこうしたオーダーメイドの和装が多くなるのではないかと考えられています。

次の記事へ

カテゴリー