着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 訪問着の事を知りたい方へお教えします

訪問着の事を知りたい方へお教えします

訪問着は、未婚、既婚であっても着る事が出来る着物です。
また、紋を付ける事で色留袖として着る事も出来るとても優れた機能をもつ着物です。色や柄が前から後ろの部分まで入っていて華やかな席へ出席する時や、他家へ訪問する時、それから社交的な場面にぴったりです。若い方が着る場合、総絵羽模様に近いもので華やかさがあるものがおすすめです。
それに比べて、年配の方が着る場合は、絵柄がすっきりとしていて、シックなものがおすすめです。帯は、趣味や他家への訪問等で着用する場合には名古屋帯やおしゃれ帯を選ぶことおしゃれです。また、訪問着に古典柄や唐織の袋帯を着用すると格調高く装う事が出来ます。
結婚式の披露宴や入学式等、フォーマルの装いをしたい時にぴったりです。帯や小物によってちょっとしたお出かけにも、フォーマルにもなります。


デザインの多様化してきている訪問着

訪問着のデザインは、着実に多様化してきているのではないかと考えられています。
着物の中ではデザインのバリエーションが飛躍的に拡充されるもののひとつであると考えられており、新たに購入する人からは複数の選択肢が設けられていることに関して、好意的に認識されています。年々デザインが多様化していると考えられていることから新たなタイプの訪問着が確立されることにも繋がっています。
複数の衣服を所有する人が新たに買い足す動きを活性化させることにも関わっているとみられていることから、デザインが多様化することに関しては良いものとして考えられていると推測されています。訪問着のデザインの種類が拡充されることに関しては、これからも継続的にその動きが見受けられるのではないかと考えられているため、これまで以上に多くの種類が流通するでしょう。


様々なシーンにおいて着用できる訪問着

訪問着は、様々なシーンにおいて着用することのできる衣服として、幅広く受け入れられています。
場所を選ばず着用できるデザインや形状である点は、実際に持っている人々からも歓迎されていると考えられています。高い頻度でこうした着物が着用されることにも直結しているとみられているため、多彩な場面できることの可能な部分がメリットとして考えられているのではないでしょうか。
訪問着自体は、非常に多くのデザインや形が存在するとみられています。そのため、着る人の好みに合ったものを、様々な場面で着用できる可能性が極めて高いと認識されています。また、シーンに関係なく、訪問着を着たいと希望する人が多くなることも実現されてきていると認識されています。
こうした特徴は、これからも多くのところで継続的に見受けられるものとなるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー