着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 訪問着の用途と着物の選び方に関して

訪問着の用途と着物の選び方に関して

 訪問着とは、フォーマル用として、観劇やお茶会、結婚式や披露宴の参列に着用するのに適しています。
また、独身者、既婚者でも着られることで、幅広い年齢層に好まれています。
訪問着を着る際はいくつか注意が必要です。
例えば、結婚式や披露宴では、少々派手めな色や柄を選択します。
また、若い人は、明るい色や柄を選び方、高齢者は落ち着いた柄を選択します。
用途に応じてどの着物を選ぶかは呉服屋さんと相談するのが良いでしょう。
近年は、訪問着のレンタルも人気です。
イベントを着る当日の前に自宅に届くようにし、イベント後に返却します。
返却時も着払い伝票が付いてるので、無料で簡単にできます。
レンタルは、インターネットから可能です。
インターネットには、着物の画像が載っていて、柄が確認できるよう拡大図もあります。
さらに、着ていくシーンや似合う年代、着物の生地も書いてあるので安心です。



 最近人気を集めてきている訪問着

着物というと着付けが面倒だという印象を持っている人も多いです。
それだけではなく、動きにくく着くずれしてしまうかもしれないと奥手になってしまうということもあります。
しかし最近では気軽に着物を着ることが出来るようになっていたり、着付け教室もあるので、着物を身近に感じることが出来るようになっています。
訪問着もデザインが斬新だったり、現代風にアレンジされているものもありますし、簡単に着ることが出来るように工夫されているものもあります。
気になるのが価格でしょう。
やはり高額なイメージがありますが、最近ではかなりリーズナブルな価格で購入をすることが出来るようになっています。
また1度訪問着を着て出かけたいと考えているのであれば、レンタルを利用してみるのもよいかもしれません。
レンタルを利用することで着物の意外な面を見つけることも出来るでしょう。



 訪問着は一枚持っていると生涯役立つ

訪問着とは日常的に着るタイプの小紋とは異なり、着物の絵柄が全体的に入っているのが特徴です。
未婚・既婚を問わずに身に着けることができる着物で、色留袖の次に格のある着物にもなるといいます。
特に家紋が入っているものに関しては、格調高く着る場所を選ぶ物に変化しますので、身に着ける時には注意が必要です。
留袖の場合には着物の柄が裾から下にしか入っていないのが特徴ですが、全体的、あるいは胸元から下にふんだんに入っているのが訪問着の特徴といえます。
着物の中で最も色や柄の種類が豊富となっており、選ぶときには自分に似合ったものを選ぶことや、シチュエーションに沿ったものを選ぶことが重要です。
年齢とともに似合う柄は異なりますが、年齢を問わずに似合う色や柄は必ずあります。
興味のある方は専門的な呉服店で相談しましょう。

次の記事へ

カテゴリー