着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > 訪問着のコラム > 訪問着はさまざまなシーンで使える

訪問着はさまざまなシーンで使える

着物と言えば、振袖が頭に浮かぶと言う人も多いでしょう。
お葬式で年配の女性がよく着る和装の喪服のイメージも非常に強いです。
言うまでもありませんが、着物はこれらだけではありません。
色留袖や付け下げ、色無地や訪問着などもあります。
訪問着は色留袖に次ぐフォーマルな装いで、通常は紋をつけません。
しかし、染め抜きか刺繍の一つ紋をつけると、色留袖の格に近づきます。
さまざまなパーティーはもちろん、年賀や披露宴にも着ていくことができます。
模様には決まりはなく、古典柄やモダン柄などたくさんあるので、好みやTPOに合わせてチョイスすればいいでしょう。
ちなみに、準礼装として着る場合は、金や銀が入った格調高い帯を選ぶことです。
もちろん、小物にも気を配らなくてはいけません。
淡い色の小物を合わせれば、上品な感じが出るでしょう。



訪問着はいつでも着れる便利な着物

訪問着は、未婚や既婚の方に限らずどなたでも着ることができる着物です。
若い方は華やかな色を着ても美しく、全体的に柄が入っているものも良いでしょう。
年配の方は少し落ち着いた色や袖や裾に柄が入っているものを着ると上品に見えます。
紋をつけると色留袖と同格になります。
華やかな雰囲気の訪問着は、結婚披露宴、クラス会、お茶会、他家の訪問など様々な場所へ着て行けます。
上前から下前まで柄が続いているのも特徴です。
胸と袖の裁ちもの部分も柄が綺麗に繋がるようにできています。
帯も色々ありますが、格調高く装う場合には金箔や銀箔が入ったものですと礼装として使用できます。
軽めに装う場合には、おしゃれな感じのおしゃれ袋帯や織り袋帯などが良いでしょう。
訪問着は持っていると役に立つ着物です。
ちょっとしたお出かけにも優雅に出かけることができます。



ライフイベントで訪問着を決めるポイント

着物などを着用する際に、ライフイベントから把握することもあります。
基本的な訪問着の決め方は着用する人の年齢やライフイベントの重要度合い、さらに主役の方とどのような関係になっているか判断することになります。
理想的な訪問着の選び方の中で結婚式や披露宴で見ていくと、明るく華やかな色合いや柄で決めていくのがポイントとなっています。
柄というのは古典柄、かつ吉祥や鶴といったおめでたいものが非常に好まれています。
色は花嫁の色として印象的な白や、近しい親族が着る黒は絶対に避けるようにしましょう。
準礼装で格調の高さを引き出していくのであれば、一つ紋が入っているものがベストです。
一方入学式や卒業式だと落ち着いた色柄がベストで、主役となる子供を引き立てるようにしなければなりません。
あまり目立ちすぎず、上品な色味を出すのが理想的です。

次の記事へ

カテゴリー