着物文化の色濃く残る町-京都の訪問着通販店ランキング-

TOP > コラム > 訪問着はとても利便性の高い着物

訪問着はとても利便性の高い着物

 普段和装をしない人にとってよくわからない着物ですが、実は種類や格があります。未婚の女性の礼装は振袖というくらいは聞いたことがある人も多いでしょうが、振袖は礼装用で冠婚葬祭などの畏まった場に着ていくもので、第一礼装といわれます。その第一礼装を少し簡略化した第二礼装に含まれるのが訪問着です。五つ紋をつけると第一礼装としても着ることができますが、紋無しのままなら畏まりすぎずに着ることができるので、同窓会やお茶会、お宅訪問などにも着ていける万能な着物です。
 普段着用との違いは着物を広げた時にすべての模様が続くように染められている点です。肩から胸元や袖にかけて模様が入っており、一枚の絵のようになっています。ただ、訪問着自体の歴史が比較的浅めなこと、幅広い場面で着られることもあり、大きな模様の華やかなものもあれば控えめな模様のものなどもあるので、参加する場に合わせて模様なども選ぶ必要があります。


 訪問着は留袖に次ぐ準礼装の着物です

 訪問着は、色留袖や黒留袖に次ぐ準礼装の着物のことで、既婚女性はもちろん、未婚の若い女性まで着用ができるので、1、2枚は持っていると大変便利です。
 華やかなパーティーに出席をする時や、お子様のイベントのお宮参りや七五三の時に着用する人が多いです。訪問着は広げると一枚の絵のような図柄が入っており、胸元や袖にも柄が入っているのが特徴です。上品で落ち着いた色合いの商品が多く、女性をエレガントに見せる効果があります。付け下げに比べると高級感があり、華やかな印象なので、若い年代の人も着用してみると良いでしょう。着物に合った色合いやデザインの帯を着用することが大事ですが、一般的には袋帯を着用することが多いです。近くに専門店がある場合は、足を運んでみると豊富な柄の商品が販売されていますが、品揃えが少ない場合は、インターネット通販を利用するのもお勧めです。


 訪問着は華やかな装いに欠かせません

 訪問着の魅力は、手軽に華やかな装いが完成することです。未婚の人も既婚の人も着用できるため、一枚持っていれば、さまざまなシーンで着用できるので便利です。結婚披露宴やパーティーに出席するときはもちろんですが、食事会やお茶会、大切な人のお宅を訪問するときなど、改まった装いが必要なときに役立ちます。
 購入を検討しているときは、控えめな柄を選ぶことで、結婚披露宴やお子さんの行事、お茶会など、いろいろなシーンに安心して着ることができます。もしも急に訪問着が必要になったときは、レンタルすることも可能です。着物のレンタルサービスを行っている専門店では、訪問着もたくさん取り扱っています。華やかなものから落ち着いた雰囲気のものまで、幅広く取り揃えられているので、出かける場所に合わせて選んで気軽にレンタルできます。色も豊富に用意されているので、自分に似合うものを選んでみましょう。

次の記事へ

カテゴリー